骨造成手術-新越谷・南越谷のインプラントなら浅賀歯科医院|インプラント専用サイト

ご予約・お問い合わせは「ホームページを見ました!」とお伝えください。

048-985-1271

月~金:9:30~13:00/15:00~19:00
 土 :9:30~13:30/15:00~18:00
休診日:日曜・祝日

お問い合わせ
24時間予約フォーム
048-985-1271

月~金:9:30~13:00/15:00~19:00
 土 :9:30~13:30/15:00~18:00
休診日:日曜・祝日

お問い合わせ
24時間予約フォーム

骨造成手術

骨が少ない方のインプラント治療を可能にする【インプラント骨造成手術】

骨造成手術

「インプラントは無理と言われた」「骨が足りないと言われた」という方へ

インプラント治療ではあごの骨に人工の歯根を埋め込むため、それに耐えられるだけの骨の量が不可欠です。骨が細い方、骨密度が低い方にインプラント治療を行うと、短期間で人工歯根が抜けてしまったり、噛むと痛んだりする可能性があります。

一方、インプラントや口腔外科領域の進展は目覚ましく、骨造成手術により、従来は治療ができないとされていた症例でも、インプラント治療が行えることが増えてきました。こうした最新医療に対応するために、当院では、歯科医師や歯科衛生士が学会や勉強会に所属し、積極的に最先端の知識や治療技術を修得しています。

骨の少ない方にも対応できるよう、さまざまな治療法をご用意しています

当院では、骨量が少ない方にも対応できるように、さまざまなタイプのインプラントを揃えていますが、それでも対応できない場合には、骨の量を増やす骨造成手術を行います。歯を失ってから長期間経っている場合にも、インプラントを埋入する前に、骨造成手術により骨の量を増やし安定させる処置を行うことがあります。

ソケットリフト、上サイナスリフト(顎洞挙上術)、骨移植などさまざまな骨造成技術の中から患者さまの骨の状態や体調、ご要望などに合った最適な方法をご提案することができます。他院で治療を断られた難症例の方でもインプラントが可能となる場合がありますのでご相談ください。


ソケットリフト・サイナスリフト(骨造成手術)

上あごの奥歯の上部には「上顎洞」(サイナス:副鼻腔の1つ)という空洞があります。この空洞に人工骨を填入することで、骨を作るのが骨造成手術です。主な骨造成手術として、ソケットリフト、サイナスリフトがあります。

ソケットリフト

あごの骨の量を増やす処置で、骨の厚みが4mm以上ある場合に行われますが、骨の厚みが5mm以上あっても骨の量が不足している場合には適応となります。あごの骨に穴をあけ、器具を使って上顎洞と顎の骨の間にあるシュナイダー膜(薄い膜)を移動させて、そこに、オトガイや下顎の奥から採取した自家骨や人工骨を入れて骨の量を増やし、インプラントの土台とします。侵襲が少なく、患者さまの負担が軽減できる方法です。

サイナスリフト(上顎洞挙上術)

あごの骨の厚みを増す方法で、骨の厚みが5mm以下の場合に適応となります。上顎洞(サイナス)の部分の骨が不足していると、インプラントを埋入しても突き抜けて炎症を起こすことがあります。それを避けるために、上顎洞と顎の骨の間にあるシュナイダー膜(薄い膜)に、オトガイや下顎の奥から採取した自家骨や人工骨を入れて骨の量を増やします。
ただし、侵襲が大きいので最近の症例は少なくなっています。


歯医者さんがおすすめする歯科医院