治療の流れ-新越谷・南越谷のインプラントなら浅賀歯科医院|インプラント専用サイト

ご予約・お問い合わせは「ホームページを見ました!」とお伝えください。

048-985-1271

月~金:9:30~13:00/15:00~19:00
 土 :9:30~13:30/15:00~18:00
休診日:日曜・祝日

お問い合わせ
24時間予約フォーム
048-985-1271

月~金:9:30~13:00/15:00~19:00
 土 :9:30~13:30/15:00~18:00
休診日:日曜・祝日

お問い合わせ
24時間予約フォーム

治療の流れ

初診・問診・カウンセリング

初診・問診・カウンセリング

インプラント治療は、まず問診を行うことから始まります。患者さまが、どのような状況で歯を悪くされたのか、失われたのか、どのような治療を希望されているのかをインプラントカウンセラー(医療コーディネーター)がお聞きし、当院のインプラント治療についてわかりやすくご説明します。
インプラントは、他の歯科治療とは異なる専門的な治療であり、専門用語も多く登場します。わからない言葉や疑問は、インプラントカウンセラーに気軽にご相談ください。


精密検査・診断

模型(歯型)を取り、口腔内調査およびレントゲン撮影、CT検査を行います。これまで受けられた歯の治療や現在のむし歯、歯周病などの有無や程度、粘膜や骨の状態などを詳細に調べ、お口の中の状態を正しく把握します。そしてその結果をもとに、インプラント体を植える位置や本数、治療の具体的な手順などを検討していきます。


治療方針のご説明

問診、口腔内検査、画像診断の結果などを総合的に考慮して治療計画を立て、患者さまによく説明して理解し、同意していただくインフォームド・コンセントを行ったうえで治療方針を決定します。


インプラント埋入手術

インプラント体(人工歯根)の埋入

手術前に麻酔専門医による問診の後、静脈内鎮静麻酔をかけ、さらに局所麻酔をかけて、インプラント体(人工歯根)をあごの骨の中に埋め込みます。通常2〜3本を埋めるのにかかる時間は、麻酔がかかってから30分〜40分程度です。痛みは個人差がありますが、歯を抜く程度とお考えください。手術時間は特別なケースを除いて1時間程度で終わり、高齢の方でも安心して受けていただけます。


仮歯の装着

通常のインプラント治療の場合は、インプラント体(人工歯根)がしっかりとあごの骨に定着するまで通常3ヶ月程度待ちます。目立つ前歯部の場合などは仮歯を装着します。最近は、インプラント埋入と同時に仮歯を装着する治療法もあります。

抜歯即時埋入インプラント、即時荷重インプラント


アバットメント(支台)の取り付け

インプラント体が骨に定着したら、被せ物を作るためのアバットメント (支台)を歯肉に取り付け、その後2〜3週間、歯肉の回復を待ってから型取りをして上部構造(人工歯冠)の製作に移ります。


上部構造(人工歯冠)の製作と装着

上部構造を製作し、インプラント体に取りつけられたアバットメントに装着します。


治療後の定期検診とメンテナンス(インプラントドック)

インプラント治療後、歯磨きなどのお手入れが行き届かないと歯周病(インプラント歯周炎)になることがあります。当院では、インプラントに適した定期検診とメンテナンスのプログラムとしてインプラントドックを行い、ご家庭でのお手入れ方法もていねいにご指導します。


インプラントの手術方式【1回法と2回法】

インプラントの術式は、大きく分けて1回法と2回法があり、あごの骨やお口の中の状態、使用するインプラント体の種類に合わせて術式を選びます。最近はインプラント体の改良が進み、1回法で行うケースが増えています。また1回法と2回法の中間的方法などもあり、症例によって使いわけます。

2回法

手術を2回に分けて行う方法です。1回目の手術でインプラント体を埋入した後、傷口の上に歯肉を被せます。その後、2回目の手術でインプラント体の先端を出してアバットメントを取り付けます。

1回法

インプラント体を埋入した後、歯肉を被せずに露出させておく方法です。


歯医者さんがおすすめする歯科医院

浅賀歯科医院インスタグラム

浅賀歯科医院ユーチューブ